唯一無二のこだわり独自製法

当社のチャーガには大きな特徴が2つあります

 

1.米山誠先生開発の独自酵素を使っている

 

 

農学博士 米山誠先生

 

βグルカンを始めとしまして、チャーガの有効成分は高分子と呼ばれる体内に吸収しにくいほど大きな分子サイズとなっています。

 

高分子のままですと、折角、摂取しても腸で吸収されずにそのまま排出されてしまう割合が高いのです。

 

そこで、細胞膜破砕という手法が使われることがあります。

 

ただ、残念ながら細胞膜破砕を使っても、完全ではありません。

 

また、逆に微粉末に、し過ぎますと血管などを通じて成分を吸収する前に排尿されてしまいます。

 

そのために、分子サイズをちょうど良く調整する方法として酵素処理が考えられました。

 

当社が採用している米山先生の開発された独自酵素処理は、体内に吸収しやすく、なおかつ、排尿されにくいちょうど良い分子サイズに調整することに成功しました。

 

今や、チャーガはスーパーフードとして世界的なブームのきざしがあり、しかも一時の乱獲により2万本に1本ほどしか見つかりにくくなってきました。

 

希少価値が高く、高品質のチャーガが少なくなっている今だからこそ、大切なチャーガを本当に必要な方にお届けするために当社は企業努力を重ねています。

 

 

有効成分を高効率で吸収する当社の独自酵素処理チャーガは、必ずや皆様のお役に立てると信じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

2.素材と製法への徹底的なこだわり

天然白樺チャーガ100%

キノコは、〝子実体〃と〝菌糸体〃に分けられます。

私たちがふだん見慣れている、傘と太い柄のような部分が子実体です。
菌糸体は、子実体の根元から、土壌の中、あるいは樹木や昆虫の体内など、動植物中に伸びていく白い糸状のものです(キノコは実は植物ではなく、カビの仲間、菌類に属します)。
菌糸体も子実体もキノコの一部なのですが、まったく同じ成分ではありません。
子実体にあって菌糸体にない成分や、菌糸体のほうが含有量の多い成分などがあります。

ただ、一般的には、子実体のほうに有効成分が多いとされています。

 

◆菌糸体培養とは、キノコの一部菌糸体を培地で人工的に育てる製法です。

  • 安定して生産できる
  • 一定の栄養素は取れる
  • 価格が安価で安定する
  • 大量に生産可能

 

菌糸体培養にメリットがあることを認識しています。

 

それでも天然白樺チャーガ100%にこだわるのは、天然チャーガは白樺という極寒の地に適応した強い樹木と大地の恵みを樹液から十分に吸収しながら成長するからです。

 

 

 

 

極寒の地のロシア産へのこだわり

白樺の木に寄生しているチャーガ茸

 

 

当社のチャーガは極寒の地ロシア産です。

なぜ、ロシア産なのかと言えば、チャーガが白樺の木に寄生して生育する性質からです。

 

勿論、日本でもチャーガは採取出来ます。

それでもロシア産にこだわる前は

ですが、先ず白樺の特徴として、寒冷地それも極寒の地に適応した強さがあります。

 

白樺の樹液は、そのものが「森の看護婦」「若返りの水」「母なる木」などと呼ばれ古くから愛用されてきました。

 

それは、白樺が寒冷地に適応する過程で樹木自身が強さを身につけたからだと思われます。

 

そして、その白樺の木に寄生して、10年から20年かけて生育し、最後はその強い白樺を枯らしてしまうほどの生命力を持つのがチャーガです。

 

普通のキノコは、なかなか寒冷地では生育しないそうです。

意外に思われますが、きのこも生育には 日光を必要とするからです。

 

チャーガ茸

 

環境の厳しい地に生育するために強い生命力を持った白樺。

そして、チャーガ自身も寒冷地に適応し、更に白樺の強い樹液を吸収して成長を遂げるチャーガ。

 

チャーガがいかに強いかがお解りいただけけると思います。

 

ですから、より強いチャーガを求めて当社は、極寒の地産出のロシア産を選んでいます。

そして、輸入実績30年以上の老舗より、価格は高くても高品質なチャーガだけを仕入れて製品化しています。

 

しかも当社のチャーガ製品は、完全100%純粋なチャーガです。

 

当然のこととして、放射能検査も、大腸菌検査もヒ素を含む重金属検査もパスしています。

 

 

 

 

 

 

 

手作業に近い工程を組み合わせながら製造される当社のチャーガ製品です。

 

 

酵素処理には、米山先生も直接参加して、直状態を見ながら作業指示をされます。

 

 

 

安心・安全の当社チャーガ製品を是非にとオススメいたします。